GI値とは

GI値とは食べ物が体内に入り糖に変化して血糖値が上昇する
スピードを計った食後の血糖値の上昇度を示す指標です。

もう少し細かく言うと食べ物の摂取2時間までに血液中に入る
糖質の量を計った値です。


食事をする時に食べる順番というのが血糖値の急な上昇を抑える事になり
結果的にダイエットにも効果的であり、さらに太りやすい体質を改善が
可能になるという話を聞いた事があると思います。


a0002_011965s.jpg


空腹時にGI値の高い食品を食べると血糖値が急に上昇してしまい、
その上昇を抑えるためのインシュリンが大量に分泌されます。

結果的に膵臓にも負担がかかり高血糖から糖尿病に進行してしまう
結果になってしまいます。


同じ食べ物を食べても食べ方の違いで肥満を防ぎ健康な身体を
保つ事が可能になるのでGI値を意識した食生活が大事になります。

GI値を意識した食生活が大事とは言っても栄養の専門家でもない
普通の人は別に細かく考える必要はありません。

GI値の高い食べ物、低い食べ物を最初は少しで構わないので
覚えておく程度で十分だと思います。

意識していると自然と身に付いてきます。

そして食べる順番はGI値が低 → 高が理想です。



GI値の指針となる数値

低GI 55以下
中GI 56−69
高GI 70以上




食品のGI値の値をいくつか掲載しますので参考にして下さい。

上白糖 109
チョコレート 91
食パン 91
ジャガイモ 90
精白米 84
うどん 80
ニンジン 80
トウモロコシ 70
パスタ 65
カボチャ 65
サツマイモ 55
玄米 55
そば 54
卵 30
トマト 30
ピーマン 26
ほうれん草 15




カテゴリー:健康コラム
エントリー:GI値とは
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ