乳酸菌とビフィズス菌の違いとは

乳酸菌とビフィズス菌というのは両方とも腸内細菌の善玉菌ですが
学術的、分類学的にも細かく分類すると区別されるようですが
一般的にはビフィズス菌も乳酸菌の仲間、乳酸菌の一種と考えられています。

乳酸菌自体も乳酸菌という固有の菌を指すものではなくて
糖から乳酸を作り出す菌の総称で形状も1つではありません。


乳酸菌は酸素がある所でも生きられるため大腸だけでなく
小腸の酸素がある所でも活動が可能ですが、ビフィズス菌というのは
嫌気性と言って酸素を嫌う菌のなので主に大腸の酸素がない場所に
生息しています。

乳酸菌は糖から作り出す物資の50パーセント以上が乳酸である菌で
ビフィズス菌は乳酸菌より乳酸を作り出す割合が、それ以下になります。


またビフィズス菌は乳酸の他に酢酸を作り出しますが、
酢酸は殺菌力が強いため、腸がビフィズス菌の多い状態だと
食中毒などに対する抵抗力や細菌の定着や感染に対して
抵抗力のある身体になるとも言われています。


腸内の善玉菌の多くをビフィズス菌が占めていて、実は乳酸菌というのは
ビフィズス菌をサポートしている存在になり、その乳酸菌によって
ビフィズス菌は増えて悪玉菌の増殖を抑えることが可能になるのです。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌とビフィズス菌の違いとは
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ