加齢と腸の働き

他の筋肉と同様に大腸を動かす筋肉も衰えてくるため
大腸を動かすための筋肉も衰えるために蠕動運動が起こりにくくなり
便秘になってしまいます。

また食べた物を消化吸収する力も落ちてしまうと未消化の状態で
消化できなかったタンパク質が大腸に運ばれ、それが腐敗するために
腸内に悪玉菌が増えてしまいます。

その結果として悪玉菌が優位な状態になると日和見金が悪玉菌寄りになり
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうのです。


特に他の病気とかがないとすれば加齢と共に便秘がちになり、
ウンチが臭くなるのは腸内細菌のバランスが悪くなっている状態です。

腸内でウンチをスムーズに動かすために蠕動運動は筋肉の衰えだけでなく
腸内細菌の影響も受けますから、日頃から腸内の善玉菌(乳酸菌)を
意識する生活を心がけたいですね。



カテゴリー:
エントリー:加齢と腸の働き
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ