抗生物質は乳酸菌など腸の善玉菌を減らす

抗生物質を処方される事もあると思いますが抗生物質は細菌を退治するのに
役立つのですが、腸にとっては有難い物ではありません。

ちなみに咳やノドの痛みなど風の諸症状の多くはウイルスが原因で起こるので
抗生物質は効きません。

腸内細菌の乳酸菌を代表とする善玉菌が減ってしまうのです。

腸は健康の要の臓器で、その腸の健康を維持するために必要なのが
腸内細菌の善玉菌なのです。


kusuri1.jpg



消化、吸収、合成、解毒、代謝、造血、免疫、排泄といった
私たちが生きていく上で必要な作業を腸で行われているのですが、
これも腸内細菌の菌叢バランスが崩れ善玉菌が減り悪玉菌が優位な
状態になると働きが悪くなります。

例えば免疫力1つを考えても善玉菌が減ると風邪や感染症にかかりやすくなり、
病気が治りにくくなります。

さらに抗生物質を使い過ぎると耐性菌という抗生物質の効かない細菌が
増えてしまうそうです。

抗生物質は必要な物なのですが、一方で身体を弱くする作用もあるという
矛盾があるわけですね。


抗生物質は細菌に対して効果的なのですがウイルスに対しては効かないのに
以前は「とりあえず抗生物質でも」という感じで処方することが多かったそうです。


腸を強く健康にして免疫力を付けて抗生物質が必要のない身体にしたいですね。


乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ