生きたまま腸まで届く乳酸菌と言うけれど・・

ヨーグルトなどをしっかり食べても乳酸菌は胃酸に弱いので
多くは腸に届く前に死んでしまうと言われていましたが
生きたまま腸まで届く乳酸菌」というフレーズも頻繁に言われ
何となく理解されている人も多いと思います。

確かに乳酸菌の多くが腸に届く前に胃酸で死んでしまうこと、
生きたまま腸まで届く乳酸菌があるのも事実です。


それなら生きたまま腸まで届く乳酸菌が入った乳製品を食べれば
良いのかというと腸内の免疫機能が外から入ってくる乳酸菌を
所謂よそ者として排除してしまうのだそうです。

それは腸内細菌というは個人固有の常在菌なので外から入った外来菌の
乳酸菌は腸内に棲みつかずに便と一緒に排泄されてしまうのです。


逆に死んでしまった乳酸菌自体が乳酸菌のエサになると言われています。

しかし特にヨーグルトなどの乳酸菌が食べた人に合う乳酸菌なのか
分からないですしヨーグルトなど動物性の乳酸菌は脂肪分も含まれていて
特に日本人には合わないとも言われていて腸の専門家の医者も食べない人がいます。


milk.jpg


それでは腸の専門家と言われるような医者は「自分の乳酸菌を増やす」事を
考えているのです。


それが乳酸菌生産物質という物なのです。


乳酸菌生産物質は乳酸菌その物ではないし生菌ではないので当然腸まで届くし、
その人の腸に合うとか合わないとかも関係ないですし自分の腸ないの乳酸菌の
エサになって腸内の乳酸菌を増やすためも物です。


合うか合わないか分からない、腸に届いたとしても排泄されてしまうような
外来菌を腸に入れるより元々棲んでいるいる常在菌を増やす事が大切という事です。


乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ