乳酸菌生産物質と健康食品

乳酸菌生産物質について、このサイトの中で説明させて頂いていますが
「乳酸菌が人の腸内で生み出す生産する物質」のことで菌ではありません。

なので一般的な健康食品とは少々違う物だという事ですね。


一般的な健康食品は簡単に言うと特定の成分や栄養素に特化した物になり、
「○○に効果的とか」というような製品です。

確かに優れた健康商品もあるのも事実ですし個人差はあれど効果を感じて
愛用している人もいます。

ただ栄養を吸収するのが腸のため腸内環境が悪玉菌が優位な状態だと
栄養の吸収力が悪くなるので健康食品を摂取しても効率的ではないのですね。

腸内環境が整っていると健康食品が効果的に働くようになります。


近年は腸の研究が進んで人の健康というのは腸内環境で決まるとも
言われています。

その腸内環境を支えるのが乳酸菌なのですが個人固有の菌なので
自分の腸内の乳酸菌を育てる必要があります。

そのためには乳酸菌生産物質が大きな役割を果たすという事です。

また乳酸菌生産物質というのは乳酸菌とは違って菌ではないので
熱や酸に影響されないので無駄がないのです。



カテゴリー:乳酸菌生産物質
エントリー:乳酸菌生産物質と健康食品
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ