腸をきれいにする食事

腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスをよくするために
自分の腸内の自己乳酸菌を増やすために乳酸菌生産物質を
取り入れることをオススメしていますが毎日の食生活というのが
ベースになります。

これは何も乳酸菌生産物質に限らず健康食品などを利用していても、
年齢と共に腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れやすくなるため
食生活についても考える必要があります。



朝食を摂る
食事をすると便意を感じるようになるため朝の寝起きの時は
胃がカラの状態なので食べ物が入ってくると反応しやすくなります。

食事の量
便秘は腸を汚しているような状態で便を詰まることなくスムーズに
排泄させるためには食事の量も必要で、食事の量が減ると便の量も減るので
腸が便を送りにくくなります。

水分とる
これは何となくでも分かっていると思いますが便は水分の量でも
硬さ柔らかさに違いが出るため、やはり水分は必要です。





ここでは簡単に紹介しましたが総合的にはバランスのいい食事が大切で
もちろん食物繊維なども含まれます。

特に肉食ばかりだと腸内で腐敗し悪玉菌のエサになるため
そのような人は見直しをしてみましょう。



腸をきれいにする成分

ビタミンB、E
自律神経の働きに関係し腸の働きにも影響する。

果糖
果物に含まれる糖分は大腸を刺激するそうで
腸の蠕動運動に期待ができる。

油分
油を敬遠する人がいますが適度な脂分というのは
腸内で便の動きがスムーズになると言われています。

揚げ物や炒め物もオリーブオイルにするといいと思います。



カテゴリー:
エントリー:腸をきれいにする食事
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ