乳酸菌生産物質で美肌になろう

女性はいつまでも美肌でありたいと思っています。

そのためにエステや美肌効果があると言われる食材を摂取したり
努力をしている人が多いと思います。

しかし乳酸菌など善玉菌は腸内の食べ物を発酵させますが
悪玉菌は腐敗させ腸内で毒素を作り出します。

この腸内毒素というのは腸で吸収されて体内を巡ってしまうため
高血圧、糖尿病などの症状から肝機能障害やガンなど様々な病気を
発症させる可能性も含む健康上の問題を引き起こします。

この健康上の問題の前に多くは肌にトラブルが出やすくなります。

吹き物など肌荒れになるのは1つの身体(特に腸)から送られてくる
警告や危険信号と考えてもいいと思います。

美容面でも腸のケアを意識するこは必須です。


「皮膚は内臓の鏡」とも言われるぐらい内臓の状態というのが
皮膚(顔)に出やすいのです。

シミ、乾燥、黒ずみ・・など肌の肌の早い老化現象は腸内環境が
悪いという警告と考えてもいいと思います。

本当の若々しい肌、美しい肌というのはエステや化粧品で
作り出せるものではありません。

肌の状態というのは女性にとって人生が大きく変わります。

自分の腸内の乳酸菌(自己乳酸菌)を活性化させることが重要で
そのためには乳酸菌生産物質が大きな役割を果たすはずです。


乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ