ウンチの中身

ウンチの成分は約80%が水分で残りの20%が消化・吸収されない
食べ物のカス、消化液(膵液、胃液、胆汁)、脱落した消化管粘膜、
腸内細菌で作られています。


この中でも腸内細菌はウンチ1グラムの中に約1兆個も含まれていて
乳酸菌など善玉菌が多く発酵が行われていれば酸性のウンチになり、
それほど臭くないです。


逆に悪玉菌が多いと腐敗が進むので有害物質も作られアルカリ性になり
臭いも強いウンチになります。




カテゴリー:ウンチの話
エントリー:ウンチの中身
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ