善玉菌

善玉菌は腸に入って来た食べ物を発酵させ栄養にします。

体に有益な物質を生産し有害物質の発生を抑えますが
乳酸菌が代表的な善玉菌です。


善玉菌は乳酸、核酸などの有機酸を作り腸内を酸性にし
悪玉菌の増殖を抑制しようとする働きをします。



そして腸内の食物の消化、吸収、代謝やビタミンを生成し
腸の動きを良くするなど腸内の腐敗を抑え便秘や下痢を防ぎます。

また腸は人体最大の免疫器官とも言われていますが
その免疫機能を高める働きなど善玉菌の役割は多いのです。


腸は健康の要ですが善玉菌である乳酸菌がカギを握っているのです。


カテゴリー:腸内細菌
エントリー:善玉菌
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ