腸内のリンパ球と乳酸菌

血液中の白血球の顆粒球、リンパ球のバランスは自律神経の
影響を受けます。


特に交感神経が優位な状態が続くと白血球の中のリンパ球が
減少し免疫力が低下し病気になる原因になります。


その免疫の要と言われる白血球の中のリンパ球の約60%が
腸に存在しているということです。



腸管には免疫細胞の集合体のようなバイエル板という
リンパ小節がありリンパ球が集合しています。

このバイエル板を活性化させるのが乳酸菌なのです。



カテゴリー:免疫
エントリー:腸内のリンパ球と乳酸菌
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ