悪玉菌

悪玉菌は腸に入って来た食べ物を腐敗させ毒素を作り出してしまう
腸内腐敗の原因なのです。


大腸菌、ウェルシュ菌が悪玉菌の代表的な物で
食べ物からアンモニアなどの有害物質を作ったり発ガン物質を
作ります。



便秘、下痢や肌荒れ、体調不良、病気の引き金にもなり
オナラやウンチが臭くなったりするのも悪玉菌の影響です。

また腸で吸収され体内に運ばれるので口臭や体臭の
原因にもなります。


ただ悪玉菌も外敵を退治してくれる役割もするため必要で
善玉菌とのバランスが大切なのです。



カテゴリー:腸内細菌
エントリー:悪玉菌
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ