便意と生活

私たちには太陽の運行に沿った体内時計があって
昼間活動して夜に休むというのが基本になっています。

排便も体内時計のメカニズムに沿っていて朝食後に空の胃に
食物が入って内臓の動きが活発になり大腸まで便が移動し
便意を感じるのです。

なので朝食を抜いたり、生活が不規則で食生活が乱れている人は
便秘になる可能性が高いのです。

また便意をもよおした時に我慢をする生活をしていると
習慣的な便秘になってしまいます。

我慢は禁物です。





カテゴリー:便秘
エントリー:便意と生活
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ