クローン病

クローン病は潰瘍性大腸炎と同じように腸に炎症が起こり
潰瘍ができる病気ですが大腸に炎症が起こる潰瘍性大腸炎と違い
小腸やその他の消化管にも炎症が起こる病気です。

例えば大腸に発生すると下痢が起こりやすく小腸に発生すると、
栄養の吸収が悪くなり貧血や体重の減少などといった症状も
現れるようです。





カテゴリー:腸の病気
エントリー:クローン病
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ