腸と脳

腸は「第二の脳」「セカンドブレイン」とも言われている
臓器です。


腸は脳の指令がなくても自分の判断で活動が出来る臓器で
肝臓や膵臓など他の臓器に指令も出すのです。

腸の能力の凄さから研究も進み脳内にある神経伝達物質の
セロトニンが腸にも存在していることが分かったのです。



しかもセロトニン全体の90%が腸に集中していることも
わかってきたのです。

そしてこのような腸の健康を支えているのが腸内細菌なのです。


カテゴリー:
エントリー:腸と脳
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ