過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は腸がケイレンし収縮してしまい便が腸内を
スムーズに移動できず便秘になる症状と、腸の運動が異常になり
水分の吸収が十分できないために下痢になる場合もあります。

過敏性腸症候群の大きな原因の1つはストレスと言われています。

脳にストレスの刺激があると消化管は特に影響を受けやすいようで
その中でも腸は「脳腸相関」と言われている相互に影響し合う
関係からも脳からの影響を受けやすいようです。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れることで腸内細菌も
バランスを崩し腸にダメージを与えるということですね。



カテゴリー:腸の病気
エントリー:過敏性腸症候群
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ