大腸ポリープ

大腸ポリープは大腸の粘膜から出た腫瘍(イボ)のことで
基本的にポリープは良性の物ですが大きくなるとガン化する
可能性もあるので注意が必要です。

大腸ポリープは原因としては欧米化した食生活が挙げられ
50代でできる人が多いようです。

腸内細菌の観点から見ても肉食が多くなると悪玉菌の
エサになり増殖させていく傾向になります。

そのため善玉菌の自分の乳酸菌を育て悪玉菌の増殖を抑え
善玉菌が優位な状態を保っていくことが大切なのですね。



カテゴリー:腸の病気
エントリー:大腸ポリープ
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ