悪玉菌が増える理由

悪玉菌が増える要因はいくつかあります。
代表的な物を挙げます。


●栄養過多
過食などによる栄養過多で、食べた量が多過ぎてしまうと
善玉菌が対処しきれず悪玉菌が活動するようになります。

特に肉などの動物性たんぱく質の取り過ぎや油っこい料理は
悪玉菌のエサになります。


●ストレス
自律神経(交感神経、副交感神経)とも関係しストレスが多い時は
交感神経が優位になり胃腸も緊張状態になり胃腸の働きを低下させ
腸内細菌の動きも悪くなり悪玉菌も増えてしまいます。


●薬
薬は病気を直すために必要ですし薬を利用する必要がある方も
いらっしゃるのですが一方で悪玉菌を増やしてしまうのです。

通常の健康体の人は善玉菌が悪玉菌より腸内に多いので
健康を維持できるのですが薬を飲んでいると腸内細菌が一時的に減り
増えて行く時は「菌交代症」と言って善玉菌より悪玉菌の方が多くなり
薬を飲んだ時に副作用という形で出てくるそうです。


カテゴリー:腸内細菌
エントリー:悪玉菌が増える理由
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ