乳酸菌は腸内を酸性に

胃は胃酸で強い酸性に保たれているのですが小腸→大腸→直腸
肛門の方に下がって行くと酸性からアルカリ性に傾いていく傾向が
あるそうです。



悪玉菌はアルカリ性を好むため悪玉菌が増殖しやすい環境に
なっていくということです。

さらに大腸菌に代表される悪玉菌は腸内をアルカリ性にする
作用があるため悪循環になっていきます。


これを防ぐのが乳酸菌で乳酸などを作り腸内を酸性にする
作用があるのです。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌は腸内を酸性に
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ