弛緩(しかん)性便秘

大腸の腸壁の筋肉が緩み大腸の動きが悪くなり便を外に出そうとする
力が弱くなるタイプの便秘です。

腸の運動低下で腸の内容物が通過するのに時間がかかり水分が
吸収され便秘になります。

お腹が張っているように感じたり、便が出きらない残便感や
食欲の低下なども表れます。

また内蔵を支える筋肉が弱く胃腸などが下垂しているような人にも
よく見られるタイプの便秘です。

高齢者、食事の量の少ない人、下剤を長期間使用している人などに
多いようです。


カテゴリー:便秘
エントリー:弛緩(しかん)性便秘
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ