乳酸菌と腸とホルモン

腸は神経伝達物質のセロトニン(脳内にある神経伝達物質で
腸にも存在しているだけでなく全体の90%が腸に集中)や
女性ホルモンなど多くのホルモンを作っています。


腸内の乳酸菌が少ない状態だとホルモンバランスが崩れて
肌荒れや老化を早めてしまうようになります。


乳酸菌が少なくなると悪玉菌が増殖し活動を始め腸が老化し
その結果として身体も老化していくのです。

カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌と腸とホルモン
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ