腸内細菌の変化を自ら体験した人

農学博士の方で体を張って腸内細菌の変化の実験を
試みた方がいるそうです。


腸内細菌の悪玉菌が増える原因の1つとして肉食の多さが
関係していますが、この農学博士の方は肉のみの食事を
40日間続けたそうです


もちろん米や野菜、果物などは食べずに肉食に徹したそうで
腸内細菌の勉強をしていると思うと恐ろしい実験です。


結果は体や体調に明らかとも言える変化が生じたようです。

体臭が強くなり、力は出ても疲労感が残ったり他にも
いろいろと不調が生じたそうです。

もちろんウンチの色も黒ずみ、量が減り、臭いもキツクなり
自分でも耐えられないぐらいの臭いになったそうです。



当然ですが腸内細菌のバランスも崩れ善玉菌が減って
悪玉菌が増え酸性からアルカリ性になったそうです。



カテゴリー:腸内細菌
エントリー:腸内細菌の変化を自ら体験した人
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ