腸内細菌とストレス

現代はストレス社会なので多くの人がストレスを抱えながら
日々生活しています。

腸はストレスの影響を受けやすくストレスで腸内細菌のバランスも
崩れてしまうのです。



近頃ではストレスが原因で大腸の粘膜が傷ついてしまい
下痢になってしまう「過敏性腸症候群」という病気に悩む人も
多いそうです。


その時は乳酸菌に代表される善玉菌が減ってしまっているため
ストレスを感じても善玉菌が減らないようにしていくことが大切です。



カテゴリー:腸内細菌
エントリー:腸内細菌とストレス
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ