大腸ガン

近年、日本人に大腸ガンが多いということは殆どの方が
ご存知だと思います。

原因は長期間にわたり高タンパク、高脂肪の生活を
続けているとリスクが高くなると言われています。

ガンというのは「ガンを起こす物質」と「ガンを促進する物質」が
揃うことでガン化しやすくなるそうです。

つまり発ガン物質があってもガンを促進する物質がないと
ガン化しにくいということなのです。

その中で胆汁という脂肪を分解してくれる消化液がありますが
胆汁の成分である胆汁酸は1度仕事をした後に肝臓に戻って
リサイクルされるのですが多くの胆汁酸は大腸に流れて行き
腸内細菌の悪玉菌により2次胆汁酸が作られるそうです。

この2次胆汁酸というのは大腸ガンを促進さる物質の
代表と言われているのです。

肉類の動物性タンパク質を多く摂取すると悪玉菌の餌になり
悪玉菌が増えると大腸ガンのリスクが高いということも
このような理由からも納得できます。

腸内細菌のバランスがいかに大切かということなのです。


カテゴリー:腸の病気
エントリー:大腸ガン
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ