腸で有害物質が作られる

腸というのは不思議な臓器でもあります。

消化、吸収、合成、解毒、代謝、造血、免疫、排泄といった活動をする
健康の要となる臓器の一方で有害物質を作り出すのです。

このような臓器は他にありません。



この有害物質を作るのが腸内の悪玉菌でアミン・アンモニア・インドール
フェノール・硫化水素などを作り出してしまうのです。

例えば最近は痴呆は脳が委縮することが原因と言われているようですが
硫化水素が原因の一つと言われています。



このような事からもやはり悪玉菌を増やさず善玉菌が優位な腸内環境が
大切なのです。


カテゴリー:
エントリー:腸で有害物質が作られる
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ