乳酸菌生産物質と核酸

核酸をご存じでしょうか?

核酸は全ての生物の細胞内に存在しますがDNA(デオキシリボ核酸)と
RNA(リボ核酸)の2種類で構成され、それぞれ働きがあります。

私たちの身体の主成分はタンパク質ですが、これらのタンパク質は
全ての遺伝子情報がインプットされているDNAの情報に基づいて
RNAがアミノ酸を組合わせて作られていくのです。


DNA全遺伝子情報を記録した生物の設計図のような役割
RNADNAという設計図に基づきタンパク質を合成する職人のような役割


細胞は細胞分裂(新陳代謝)によって絶えず入れ替わり脳神経細胞を除く
全ての細胞が約4か月で細胞が新しくなるそうです。

心臓、腎臓、胃腸などは約20日くらいで更新され
脳細胞は他の細胞と違って細胞分裂しないのでDNAを必要としない代わりに
RNAが脳細胞を活発にするそうです。



核酸は肝臓でアミノ酸などから合成する方法と、食物から摂取した核酸を
各細胞で再利用する方法がありますが20代をピークに肝機能は年齢と共に
衰えるので外部から取り入れる必要があるのです。


従来は炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルの5つが
必須栄養素でしたが食物繊維を6つ目の栄養素に、7つ目に核酸が
必須栄養素として注目されているようです。



そして乳酸菌生産物質には、この核酸が含まれているのです。



カテゴリー:乳酸菌生産物質
エントリー:乳酸菌生産物質と核酸
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ