腸内細菌とアレルギー

免疫の要と言われる白血球のリンパ球は約60パーセントが
腸内に存在するそうです。

そのリンパ球の中にヘルパーT細胞という細胞があり
さらにTh1細胞Th2細胞という細胞に大別されます。

少し難しい話ですが・・・



この2つの細胞は片方の働きが強くなり過ぎないように
バランスを保っているのですがTh2細胞の働きが強くなってしまうと
アトピーなどのアレルギー症状が起こりやすい状態になることが
分かってきたそうです。



腸内細菌の乳酸菌はTh1細胞の数を増やそうとする働きがあるため
Th2細胞の働きが抑えられ痒みや炎症などが治まるようになるなど
アレルギー症状を緩和してくれるということです。


腸の調子が悪くなると(腸内細菌のバランスが悪くなる)と
Th2細胞の働きが強くなりアトピーも悪化する原因にもなるのです。



カテゴリー:腸内細菌
エントリー:腸内細菌とアレルギー
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ