腸と血液

「血液がサラサラしている」「血液がドロドロしている」という
表現はよく聞きます。

この血液の状態にも腸、腸内細菌が大きく関係しているのです。


腸で吸収された栄養素は血液によって運ばれ全身の細胞に
取り込まれます。

腸内が善玉菌が優位で良い状態であればいいのですが
悪玉菌が優位な状態だと腸内で腐敗が起こり毒素や有害物質が
発生します。


その毒素や有害物質で汚れた血液となり栄養素といっしょに
全身に運ばれ身体のトラブルを引き起こす原因になります。

現代人は血液が汚れている人が多いと言われています。

きれいな血液きれいな腸からなのです。


カテゴリー:
エントリー:腸と血液
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ