乳酸菌生産物質の原料や製造方法

乳酸菌生産物質は有機無農薬大豆から豆乳を作って善玉菌が腸内で
行っている作業(乳酸菌生産物質の製造)を共棲培養という方法で
体外で作られたエキスです。


共棲培養というのは簡単に言うと異種の菌を一緒に培養することです。

この共棲培養の過程で菌は異種の菌と生き残りをかけて争うために
攻撃物質になる代謝物を分泌するという習性があります。

このような習性を利用し分泌された代謝分泌液を大豆の培地で培養し
乳酸菌生産物質は作られていきます。



乳酸菌生産物質は腸内細菌が腸の中で作っている物と同じ物を
体外で作って体内に直接取り入れる方法が腸内環境を改善させる
新しい方法として注目されているのです。

このように乳酸菌生産物質は生きている菌ではないため腸内環境や
健康状態に左右されず腸までしっかり届くのです。

乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ