活性酸素とは

活性酸素は空気中から取り入れた酸素が体内で変質したもので
酸化力の強い酸素です。


酸素に触れた物は必ず酸化するのです。


私たちは酸素で脂肪やブドウ糖を燃やすことでエネルギーを得ますが、
取り入れた酸素の2〜3%が活性酸素になるそうです。



そして食事やタバコ、アルコール、紫外線、ストレス・・など
活性酸素が増える要因は多いのです。



私たちの身体の組織では活性酸素で損傷を受けますが
細胞が酸化すると本来の機能を果せなくなり病気の引き金になります。



酸化の分かりやすい例として出されるのがリンゴです。
皮をむいたリンゴを放っておくと、すぐに切り口が茶色に変化してきますが
これもリンゴの成分が空気中の酸素によって酸化されたのです。

また鉄もそうです。
鉄が時間の経過と共に錆びていきますが、これも鉄が空気中の酸素によって
酸化されたためです。



ただ活性酸素は悪さをするだけでなく有害物質が身体に入った時に
戦ってくれる役割もあるのです。

問題は活性酸素が多量に発生した場合で
自分の身体を傷つけてしまうことになるのです。



*関連記事

乳酸菌生産物質と活性酸素



カテゴリー:病気
エントリー:活性酸素とは
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ