糖尿病とインシュリン

糖尿病は血液中のブドウ糖が増え血糖値が上がる病気ですが
原因は血糖値を下げるインシュリンというホルモンが関係しています。

血糖値を下げることが出来るホルモンはインシュリンだけで
膵臓のランゲルハンス島のβ細胞で作られています。



インシュリンはブドウ糖が細胞内に入って行くために
細胞の扉を開ける鍵のような役目をします。

そしてブドウ糖を受け入れる細胞膜にはインシュリンを感じ取る
レセプターというセンサーのような物がありインシュリンが触れた時に
反応し細胞はブドウ糖を取り入れることができます。

(特に肥満は進んでくるとインシュリンを感じるセンサーの
 感度が鈍くなるそうです。)



糖尿病はインシュリン依存型糖尿病(1型糖尿病)と
インシュリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)に分けられます。

インシュリン依存型糖尿病(1型糖尿病) 
 糖尿病患者の約5パーセントが1型と言われています。
 
 1型はウイルス感染などの原因でインシュリンを全く作らないので
 主にインシュリン注射と食生活で血糖値をコントロールします。
 

インシュリン非依存型糖尿病(2型糖尿病) 
 糖尿病患者の多くが2型で、主に暴飲暴食など生活習慣の乱れや
 ストレスなどで膵臓のランゲルハンス島でインシュリンを作る
 機能が衰え発症します。
 
初期であれば食生活や運動療法で血糖値をコントロールします。




カテゴリー:病気
エントリー:糖尿病とインシュリン
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ