糖尿病とは

糖尿病は血液中のブドウ糖が細胞に正常に送られず
血液中に過剰になり血糖値が高くなり放置しておくと
様々な合併症が発症する病気です。


糖尿病自体が生命に影響を及ぼすような病気ではないですが
本当に怖いのは合併症なのです。


しかも糖尿病は自覚症状がなく自覚症状が出る頃は
かなり血糖値が高くなってしまっています。


血液中のブドウ糖が多く血糖値の高い状態が常に続くと
血管の内壁に糖が付着し血管壁を作っているタンパク質が
糖化されます。

糖化されると血管が固くなったり、もろくなったりして
血流障害が起きます。


この血流障害が糖尿病の合併症を引き起こす大きな
要因になります。



*関連記事

乳酸菌生産物質と糖尿病



カテゴリー:病気
エントリー:糖尿病とは
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ