乳酸菌生産物質と糖尿病

「乳酸菌生産物質によって糖尿病が改善された」という話を
私もよく聞きます。

乳酸菌生産物質が糖尿病や、糖尿病から起こる合併症に対して
どのようなメカニズムで効果的なのかということも
まだ十分に分かっているわけではありません。


糖尿病は生活習慣病とも言われていますが
代謝不良であったり、免疫力の低下であったり
吸収が悪く栄養不足であったりと要因は様々です。



例えば栄養面で言えば、すい臓の健康にはビタミンEが大切ですし
インシュリンの材料にはタンパク質や亜鉛が必要だったりします。

またインシュリンを作る膵臓は活性酸素の影響も受けやすいとも
言われています。


代謝も免疫も吸収も腸の役割が大きく活性酸素を抑えるのも
腸内の善玉菌が作り出すポリアミンが有効です。


腸内の善玉菌を増やす乳酸菌生産物質が糖尿病の改善に効果的と
言われるのは腸の働きを考えれば納得できます。




カテゴリー:乳酸菌生産物質
エントリー:乳酸菌生産物質と糖尿病
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ