食物繊維

食物繊維は人体内で消化されない食物中の成分を指しますが
現代人は食物繊維が不足しがちだと言われています。



例えば・・
食物繊維を取ることで糖の吸収速度が緩慢になるので
インシュリンの分泌が抑えられ糖尿病の予防や治療にも
効果があると言われています。

またコレステロールの吸収を低下させるので
血液中のコレステロールを下げ、
動脈硬化を予防する効果があると考えられています。



食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維の二種類があり、
それぞれで効果が違ってきます。

水溶性食物繊維
腸で水分を含み膨らんで腸内細菌のエサになります。
また糖分の吸収を抑える働きもあります。

海藻類、ヤマイモ、寒天などに多く含まれます。



不溶性食物繊維
腸で水分を含み膨らんで便のカサを増やし
腸を刺激し排便を早める働きをします。

野菜、穀物、豆類、小麦などに多く含まれます。



食物繊維の不足も腸内環境に良くありません。


腸は健康の要です。

乳酸菌生産物質で自己乳酸菌を増やしながら
普段の食事で食物繊維を摂り腸を健康な状態に保ちましょう。



カテゴリー:栄養
エントリー:食物繊維
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ