腸管免疫

腸には全身の免疫機能の約60%が存在しているそうです。


なぜ腸に多く集中しているかと言うと
腸は身体の外側とつながっている器官だからです。

身体の外側とつながっているということは
細菌やウイルスが侵入しやすいため防御する
必要があるわけです。


その腸管免疫の中心になっているのが
小腸です。



免疫の中心になるのは白血球の中のリンパ球ですが
リンパ球などの免疫細胞は大腸に近い小腸の
回腸という所の周辺に集中してるのです。

ここで私たちの身体を病原菌などから
守ってくれるのです。

小腸は身体に入ってきた細菌やウイルスに対して
危険と判断すると免疫反応を起こして退治します。

一方で食べ物や常在菌に対しては「有益」と判断し
反応しないのですから驚くべき機能を持っているのです。



しかし、この機能が正常に働くためには大腸を含めた
腸管が正常に活動してくれる必要があるのです。



腸管が正常に活動するためには腸内細菌のバランスが大切で
腸に侵入してきた病原菌や有害菌の増殖を抑え免疫力を高める
善玉菌の自己乳酸菌を多くする必要があるのです。




カテゴリー:免疫
エントリー:腸管免疫
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ