自律神経失調症とは

自律神経失調症は“ハッキリしない”“あいまい”な病気と言えます。


名前のとおり自律神経の乱れが原因で起こる症状ですが、
そのメカニズムはよく分かっていないようです。



自律神経失調症は様々な症状が現れる状態なのに病院に行って
検査をしても特に異常がないという人が多いのです。


内科医によっては検査で異常がないため診断がつかない患者に対して
自律神経失調症という病名をつけるケースもあるようです。

それだけ自律神経失調症にはハッキリとした診断基準というのが
ないということです。



そのため自律神経失調症の症状が特定の臓器や器官に出た場合に
自律神経失調症と診断されず別の病名が付けられるのです。


冷え、疲れやすい、不眠、食欲不振、頭痛、肌荒れ・・
などの日常的に分かり症状から、人によって消化器系、呼吸器科、
循環器科、泌尿器など私たちの全て器官に影響が出るのです。


自律神経のバランスが崩れて自律神経失調症になってしまう
最大の原因はストレスと言われ
、緊張状態が続くことで
交感神経が常に優位になることで発症することになるのです。



*関連記事

自律神経(交感神経と副交感神経)

腸内のリンパ球と乳酸菌



カテゴリー:病気
エントリー:自律神経失調症とは
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ