便秘と逆流性食道炎

逆流性食道炎が、どのように発生するかと言うと

胃には胃酸という強い酸性の液がありますが
胃の上にある食道は通常は中性で胃酸を防御する
仕組み、構造がありません。

胃酸が食道に逆流すると炎症を起こし
その結果、胸焼けやゲップといった症状が起こります。

これが逆流性食道炎です。


以前は老化によって食道と胃の境目が緩んだり
食道の動きが悪かったりすることで起こると言われ
逆流性食道炎は老人に多い症状と言われていました。



しかし逆流性食道炎という症状は便秘が慢性化することで
起こることもあります。

便秘が原因で腸にガスが溜まる
  ↓
腹圧が高くなる
  ↓
胃が腸に押し上げられる
  ↓
胃の中身が食道へ押し上げられる
  ↓
食道が胃酸で焼け炎症を起こす
  ↓  
逆流性食道炎


内視鏡検査の検査結果でも腸の動きが悪い人ほど
逆流性食道炎が発生しやすいことが分かってきているそうです。



腸内環境が悪く便秘が原因で逆流性食道炎を起こした場合
逆流性食道炎の薬を服用しても良くなりません。

良くならないだけでなく薬によって腸内環境が
さらに悪化することもあります。


腸内環境を良くし便秘を治すことが根本的な治療になります。



カテゴリー:便秘
エントリー:便秘と逆流性食道炎
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ