糖化

「糖化」とは体内にある「タンパク質」と「糖」とが結びつくことで
糖化したタンパク質が生成され体内に蓄積してしまう状態を言います。


この体の中の余分な糖がタンパク質と結び付いて出来た物質を
AGE(糖化最終生成物)と言いAGEが体に多くたまると
体の中が糖化するのです。

またAGEは人の弱い部分にくっ付くと言われているので
血管の弱い人であれば血管にAGEが溜まり老化を促進させてしまうため
厄介な物質です。

糖化が進んでいくと老化に加え糖尿病などの病気につながる
可能性もあるのです。



酸化が老化に大きく影響することは以前から知られていますが
医療界では「酸化」よりも「糖化」が美容と健康に大敵であると
言われているのです。


例えば肌の弾力などに大きな関係のあるコラーゲンもタンパク質なので
糖が結び付くと弾力のあるコラーゲンがAGEによって弾力を失い
硬化してしまうそうですし、骨が糖化すると強度が低下して
弱くなることも分かっています。



体内で代謝が悪いと糖化が進みやすい(AGEが溜まりやすい)のですが
代謝不良は腸環境が悪い(善玉菌が少なく悪玉菌が多い)状態です。

*糖尿病は代謝不良も大きな要因です。

善玉菌を常に多い状態にして代謝の良い状態にしておくことが大切です。



カテゴリー:病気
エントリー:糖化
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ