腸管免疫と花粉症

花粉症などアレルギーは現代病とも言われていますが
アレルギー症状の重い場合は腸管免疫の機能が低下していたり、
腸管粘膜が損傷しているケースが多いそうです。

花粉症の場合も腸の機能を正常化することで花粉に対する
過剰なアレルギー反応を軽減できることが可能と考えられているのです。


アレルギー反応は全て異物によって起こる免疫(防衛)反応ですが
アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)はタンパク質で
卵類や肉類には多くの異種タンパク質が含まれています。

(異種タンパク質とは分解されにくい特性を持ったタンパク質で
 卵や肉類には異種タンパクが多く存在します)


タンパク質は体内で分解されアミノ酸という物質になりますが
アミノ酸まで分解されるとアレルゲン食材もアレルギー反応を
起こさないと言われています。


異種タンパク質は分解されにくいためアミノ酸に分解されず
そのままの形状を維持し腸管に到着します。


やっかいな事に異種タンパクは腸管に繁殖している腸内細菌の
悪玉菌の好物で、腸内では悪玉菌が多く発生し腸管粘膜を
損傷させます。

悪玉菌が損傷させた腸管粘膜から異種タンパクは
内部に侵入しようとするため体内では異物が進入してくると判断し
粘膜免疫細胞が活性化します。

その際に最も自己防衛をするのが鼻の周辺の粘膜で
花粉が侵入してくると花粉を異物と認識し防衛をするため
花粉症の症状として現れるのです。


腸内細菌の善玉菌を増やし腸を強化することで胃で分解出来なかった
異種タンパク質を体内に取り込むことを防ぎ過剰なアレルギー反応を
軽減できることは可能ということです。



カテゴリー:免疫
エントリー:腸管免疫と花粉症
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ