乳酸菌と肥満

乳酸菌が肥満に関係していると言われていますがピンと来ない人も
いるはずです。

まず単純に考えて便秘が続くと腸内に便が溜まっている状態になっているので
当然ですが便の分だけ体重が増えますが、便秘の期間とか量にもよりますが、
例えば1キロなんていうのは普通にあります。

もた見た目にも下腹あたりがプックラして見えるんで太っているように
見えてしまいます。

便秘で単純に便の量だけ体重が増えるだけなら、まだいいんですが
体質まで太りやすくなってしまうのですね。


なぜ乳酸菌が便秘と関係があるかというと、これも単純な話なのですが
便秘の人は腸の働きが悪くなっている状態で、腸の状態の良し悪しというのは
このサイトの中でも解説していますが腸内細菌が関係しています。

その腸内環境の善玉菌と悪玉菌のバランスが悪い状態になっていて
善玉菌の代表になる乳酸菌が少ない状態になっています。

さらに乳酸菌が少なく腸の動きが悪いと老廃物も溜まってしまうので
新陳代謝の働きも悪くなり、基礎代謝も低下してしまうために
消費カロリーも少なくなります。


また腸は栄養を吸収する臓器なので便秘によって便の滞留時間が長くなって
過剰に栄養や水分を吸収してしまい結果的に肥満の原因になるカロリーも
余分に吸収してしまうようになります。

自分の腸を健康に保つためには善玉菌の乳酸菌がカギを握っています。



*関連記事

乳酸菌と腸の蠕動運動



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌と肥満

生きたまま腸まで届く乳酸菌と言うけれど・・

ヨーグルトなどをしっかり食べても乳酸菌は胃酸に弱いので
多くは腸に届く前に死んでしまうと言われていましたが
生きたまま腸まで届く乳酸菌」というフレーズも頻繁に言われ
何となく理解されている人も多いと思います。

確かに乳酸菌の多くが腸に届く前に胃酸で死んでしまうこと、
生きたまま腸まで届く乳酸菌があるのも事実です。


それなら生きたまま腸まで届く乳酸菌が入った乳製品を食べれば
良いのかというと腸内の免疫機能が外から入ってくる乳酸菌を
所謂よそ者として排除してしまうのだそうです。

それは腸内細菌というは個人固有の常在菌なので外から入った外来菌の
乳酸菌は腸内に棲みつかずに便と一緒に排泄されてしまうのです。


逆に死んでしまった乳酸菌自体が乳酸菌のエサになると言われています。

しかし特にヨーグルトなどの乳酸菌が食べた人に合う乳酸菌なのか
分からないですしヨーグルトなど動物性の乳酸菌は脂肪分も含まれていて
特に日本人には合わないとも言われていて腸の専門家の医者も食べない人がいます。


milk.jpg


それでは腸の専門家と言われるような医者は「自分の乳酸菌を増やす」事を
考えているのです。


それが乳酸菌生産物質という物なのです。


乳酸菌生産物質は乳酸菌その物ではないし生菌ではないので当然腸まで届くし、
その人の腸に合うとか合わないとかも関係ないですし自分の腸ないの乳酸菌の
エサになって腸内の乳酸菌を増やすためも物です。


合うか合わないか分からない、腸に届いたとしても排泄されてしまうような
外来菌を腸に入れるより元々棲んでいるいる常在菌を増やす事が大切という事です。


抗生物質は乳酸菌など腸の善玉菌を減らす

抗生物質を処方される事もあると思いますが抗生物質は細菌を退治するのに
役立つのですが、腸にとっては有難い物ではありません。

ちなみに咳やノドの痛みなど風の諸症状の多くはウイルスが原因で起こるので
抗生物質は効きません。

腸内細菌の乳酸菌を代表とする善玉菌が減ってしまうのです。

腸は健康の要の臓器で、その腸の健康を維持するために必要なのが
腸内細菌の善玉菌なのです。


kusuri1.jpg



消化、吸収、合成、解毒、代謝、造血、免疫、排泄といった
私たちが生きていく上で必要な作業を腸で行われているのですが、
これも腸内細菌の菌叢バランスが崩れ善玉菌が減り悪玉菌が優位な
状態になると働きが悪くなります。

例えば免疫力1つを考えても善玉菌が減ると風邪や感染症にかかりやすくなり、
病気が治りにくくなります。

さらに抗生物質を使い過ぎると耐性菌という抗生物質の効かない細菌が
増えてしまうそうです。

抗生物質は必要な物なのですが、一方で身体を弱くする作用もあるという
矛盾があるわけですね。


抗生物質は細菌に対して効果的なのですがウイルスに対しては効かないのに
以前は「とりあえず抗生物質でも」という感じで処方することが多かったそうです。


腸を強く健康にして免疫力を付けて抗生物質が必要のない身体にしたいですね。


乳酸菌とビフィズス菌の違いとは

乳酸菌とビフィズス菌というのは両方とも腸内細菌の善玉菌ですが
学術的、分類学的にも細かく分類すると区別されるようですが
一般的にはビフィズス菌も乳酸菌の仲間、乳酸菌の一種と考えられています。

乳酸菌自体も乳酸菌という固有の菌を指すものではなくて
糖から乳酸を作り出す菌の総称で形状も1つではありません。


乳酸菌は酸素がある所でも生きられるため大腸だけでなく
小腸の酸素がある所でも活動が可能ですが、ビフィズス菌というのは
嫌気性と言って酸素を嫌う菌のなので主に大腸の酸素がない場所に
生息しています。

乳酸菌は糖から作り出す物資の50パーセント以上が乳酸である菌で
ビフィズス菌は乳酸菌より乳酸を作り出す割合が、それ以下になります。


またビフィズス菌は乳酸の他に酢酸を作り出しますが、
酢酸は殺菌力が強いため、腸がビフィズス菌の多い状態だと
食中毒などに対する抵抗力や細菌の定着や感染に対して
抵抗力のある身体になるとも言われています。


腸内の善玉菌の多くをビフィズス菌が占めていて、実は乳酸菌というのは
ビフィズス菌をサポートしている存在になり、その乳酸菌によって
ビフィズス菌は増えて悪玉菌の増殖を抑えることが可能になるのです。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌とビフィズス菌の違いとは

乳酸菌とダイエット

腸内細菌は個人個人で差があります。

例えば太っている人には同じような腸内細菌が
棲みついているそうです。


マウスの実験でも証明されていて肥満のマウスの腸内細菌と
痩せたマウスの腸内細菌を無菌マウスに与えた場合に
肥満のマウスの腸内細菌を与えたマウスの体脂肪が明らかに
増えたそうです。


そこで注目されているのが小腸内に生息している乳酸菌の一種、
ガゼリ菌SP株で内臓脂肪を減らすことが出来るというのです。


しかも嬉しいことにガゼリ菌SP株というのは日本人の小腸内に
棲息しているのです。


ますます乳酸菌の凄さを感じてしまいます。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌とダイエット

乳酸菌とビタミンB

細胞の新陳代謝に不可欠なのがビタミンB郡なのですが
腸内でビタミンB郡を合成しているのは乳酸菌なのです。


ビタミンB郡の不足により皮膚の粘膜の組織が悪化し肌のくすみ、
シミ、吹き出物の原因にもなります。


善玉菌の乳酸菌を増やし腸内環境を整えることで健康的で本当の
美肌を作っていくことになるのです。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌とビタミンB

乳酸菌と腸とホルモン

腸は神経伝達物質のセロトニン(脳内にある神経伝達物質で
腸にも存在しているだけでなく全体の90%が腸に集中)や
女性ホルモンなど多くのホルモンを作っています。


腸内の乳酸菌が少ない状態だとホルモンバランスが崩れて
肌荒れや老化を早めてしまうようになります。


乳酸菌が少なくなると悪玉菌が増殖し活動を始め腸が老化し
その結果として身体も老化していくのです。

カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌と腸とホルモン

乳酸菌は腸内を酸性に

胃は胃酸で強い酸性に保たれているのですが小腸→大腸→直腸
肛門の方に下がって行くと酸性からアルカリ性に傾いていく傾向が
あるそうです。



悪玉菌はアルカリ性を好むため悪玉菌が増殖しやすい環境に
なっていくということです。

さらに大腸菌に代表される悪玉菌は腸内をアルカリ性にする
作用があるため悪循環になっていきます。


これを防ぐのが乳酸菌で乳酸などを作り腸内を酸性にする
作用があるのです。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌は腸内を酸性に

腸に届く乳酸菌は?

腸に乳酸菌が良いということは昔から言われていますが
実はヨーグルトなどで生きたままの乳酸菌を飲んだり、
食べたりしても乳酸菌は胃液や胆汁などの酸に弱いので
腸に届く前に多くが死んでしまいます。

たとえ生きて腸にたどり着くとが出来ても腸に定着できず
排泄されてしまいます。


しかもヨーグルトなどの乳性品は牛などの動物性の物なので
人間の腸にある乳酸菌とは違うのです。


乳酸菌生産物質は生きた菌ではないので胃酸や熱に強く
しっかり腸に届き自己乳酸菌が増殖できるのです。



乳酸菌そのものよりも乳酸菌生産物質で自分の乳酸菌を
育てることが大切です。

しかしヨーグルトは美味しいのですが・・。


カテゴリー:乳酸菌
エントリー:腸に届く乳酸菌は?

乳酸菌とは

腸と言えば乳酸菌、乳酸菌と言えば腸というぐらい
腸と腸内細菌の善玉菌でもある乳酸菌の関係は重要です。

ただ乳酸菌という固有の菌が実際に存在するわけではなく
乳酸菌というのは糖質から乳酸を作り出す腸内細菌の
総称です。


乳酸菌は他の物と共生することで効果が発揮できます。


例えば食品で言えばヨーグルトや味噌、醤油、キムチなど
発酵食品を作るためには乳酸菌が必要です。

乳酸菌は種類も多く200種以上もあると言われていて
食品の発酵に使われる乳酸菌と私たちの腸内の乳酸菌は
種類も違います。

また個人個人も食生活などにより乳酸菌の種類も量も
違ってくるのです。


その乳酸菌が私達の腸内にも存在し健康維持に重要な
役割をしています。



カテゴリー:乳酸菌
エントリー:乳酸菌とは
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ