腸管免疫と花粉症

花粉症などアレルギーは現代病とも言われていますが
アレルギー症状の重い場合は腸管免疫の機能が低下していたり、
腸管粘膜が損傷しているケースが多いそうです。

花粉症の場合も腸の機能を正常化することで花粉に対する
過剰なアレルギー反応を軽減できることが可能と考えられているのです。


アレルギー反応は全て異物によって起こる免疫(防衛)反応ですが
アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)はタンパク質で
卵類や肉類には多くの異種タンパク質が含まれています。

(異種タンパク質とは分解されにくい特性を持ったタンパク質で
 卵や肉類には異種タンパクが多く存在します)


タンパク質は体内で分解されアミノ酸という物質になりますが
アミノ酸まで分解されるとアレルゲン食材もアレルギー反応を
起こさないと言われています。


異種タンパク質は分解されにくいためアミノ酸に分解されず
そのままの形状を維持し腸管に到着します。


やっかいな事に異種タンパクは腸管に繁殖している腸内細菌の
悪玉菌の好物で、腸内では悪玉菌が多く発生し腸管粘膜を
損傷させます。

悪玉菌が損傷させた腸管粘膜から異種タンパクは
内部に侵入しようとするため体内では異物が進入してくると判断し
粘膜免疫細胞が活性化します。

その際に最も自己防衛をするのが鼻の周辺の粘膜で
花粉が侵入してくると花粉を異物と認識し防衛をするため
花粉症の症状として現れるのです。


腸内細菌の善玉菌を増やし腸を強化することで胃で分解出来なかった
異種タンパク質を体内に取り込むことを防ぎ過剰なアレルギー反応を
軽減できることは可能ということです。



カテゴリー:免疫
エントリー:腸管免疫と花粉症

乳酸菌生産物質とホメオスターシス(恒常性維持)

免疫とは生体防御反応で簡単に言うと体とって良くない物を
異物と判断し攻撃をすることで体を守ってくれるものです。

免疫は体に有害な物を攻撃してくれる有難い生体反応なのです。


基本的に免疫力が強いというのは良いことなのですが
厄介なことに強過ぎても良くないのです。



免疫が強くなり過ぎると身体に無害な物と有害な物
判断を誤る現象が起き、自分の体内の組織にも抗体を作り
攻撃してしまうようになります。

自己免疫疾患と言われるものです。

自己免疫疾患を、もう少し詳しく言うと
体の一部に本来あるタンパク質と違うタンパク質ができ
異物と判断しリンパ球が攻撃を仕掛けるため細胞が破壊されたり、
炎症を起こすなどの症状が起こります。


例えばリウマチ性関節炎などは外敵である細菌やウイルスを抑える
免疫の機能が異常に反応してしまい自分自身の細胞を敵とみなして
自分で自分を攻撃をしてしまうのです。

またインシュリン依存型糖尿病も一説ではリンパ球が誤って
膵臓を攻撃するので血糖値を下げるインシュリンが
分泌されにくくなることで発症する原因になるとも
言われているようです。


しかし人間の体というのは本当に凄い能力が備わっていて
免疫力が下がると高くしようとし、上がり過ぎると下げようと
バランスをとるように調整してくれているのです。

この調整能力をホメオスターシス(恒常性維持)といいます。


この能力(ホメオスターシス)が正常に働くためには
人体で最大の免疫器官と言われる腸の環境を整える必要があります。

そして腸の免疫細胞の働きをコントロールするのが
腸内細菌の善玉菌の代表である自己乳酸菌であり
その自己乳酸菌を育てるのが乳酸菌生産物質なのです。


乳酸菌生産物質を飲むと単純に免疫力が強くなるのではなく
腸内環境を整え免疫力を調整してくれるのです。



そのため乳酸菌生産物質は自己免疫疾患のある方にも
効果的であると言われているのです。



ストレスと免疫

ストレスが腸内環境のバランスを崩し免疫機能を低下させる
要因になるのですが、なぜそうなるかという事です。

メカニズムとしては
大脳が不快と感じる刺激を受けると視床下部が興奮して
刺激されて内分泌系がステロイドホルモンという物質を
分泌するそうです。

これが免疫細胞のリンパ球の減少を引き起こし
免疫力の低下になるのです。


またストレスによって交感神経が優位な状態になり
腸の活動も弱くなります。

(副交感神経が優位な時に腸の働きは活発になり消化液などの
 分泌も高まります。)

(交感神経が優位な時は白血球の中のリンパ球が
 減少し免疫力が低下し病気になる原因になります。)


ストレスが多い現代社会ですが腸はストレスの影響を受けやすく
ストレスが続くことにより免疫力がグッと落ちてしまうのです。

さらに腸には全身の免疫機能の約60%が存在しているので
意識して腸の状態を良好にしておく必要があるのです。


その腸の状態を左右するのが腸内細菌です。


カテゴリー:免疫
エントリー:ストレスと免疫

腸管免疫

腸には全身の免疫機能の約60%が存在しているそうです。


なぜ腸に多く集中しているかと言うと
腸は身体の外側とつながっている器官だからです。

身体の外側とつながっているということは
細菌やウイルスが侵入しやすいため防御する
必要があるわけです。


その腸管免疫の中心になっているのが
小腸です。



免疫の中心になるのは白血球の中のリンパ球ですが
リンパ球などの免疫細胞は大腸に近い小腸の
回腸という所の周辺に集中してるのです。

ここで私たちの身体を病原菌などから
守ってくれるのです。

小腸は身体に入ってきた細菌やウイルスに対して
危険と判断すると免疫反応を起こして退治します。

一方で食べ物や常在菌に対しては「有益」と判断し
反応しないのですから驚くべき機能を持っているのです。



しかし、この機能が正常に働くためには大腸を含めた
腸管が正常に活動してくれる必要があるのです。



腸管が正常に活動するためには腸内細菌のバランスが大切で
腸に侵入してきた病原菌や有害菌の増殖を抑え免疫力を高める
善玉菌の自己乳酸菌を多くする必要があるのです。




カテゴリー:免疫
エントリー:腸管免疫

腸は最大の免疫器官

年齢と共に体力や身体の機能が衰えるのは仕方のないことで
自然なことですし、それと共に免疫力も低下していきます。


腸は人体で最大の免疫器官と言われていますが
腸の免疫細胞の働きをコントロールするのが乳酸菌です。


体内に侵入する病原菌は乳酸菌が多くをガードしてくれるため
働きが弱かったり少ないと風邪や食中毒といった感染症に
つながっていくのです。


乳酸菌が減ってくると免疫力が低下し抵抗力が弱くなり
また判断力が鈍り過剰反応が起こり健全な細胞を攻撃したり
アレルギーという形で症状が出ることもあるのです。




カテゴリー:免疫
エントリー:腸は最大の免疫器官

腸内のリンパ球と乳酸菌

血液中の白血球の顆粒球、リンパ球のバランスは自律神経の
影響を受けます。


特に交感神経が優位な状態が続くと白血球の中のリンパ球が
減少し免疫力が低下し病気になる原因になります。


その免疫の要と言われる白血球の中のリンパ球の約60%が
腸に存在しているということです。



腸管には免疫細胞の集合体のようなバイエル板という
リンパ小節がありリンパ球が集合しています。

このバイエル板を活性化させるのが乳酸菌なのです。



カテゴリー:免疫
エントリー:腸内のリンパ球と乳酸菌

自律神経(交感神経と副交感神経)

腸は最大の免疫器官とも言われていますが免疫には自律神経が
大きく係わってきます。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ自分の意思では
コントロール出来ません。



大きく分けると交換神経は興奮させる神経
副交感神経はリラックスさせる神経です。

例えば心配事やストレスがあると交感神経が緊張し優位になり
リラックスしている時は副交感神経が優位になります。

どちらか1方に偏った状態が長く続くと体にトラブルが起こり
腸は特に自律神経の影響を受けやすい臓器なのです。



腸の働きは副交感神経が優位な時に活発になり消化液などの
分泌も高まるのです。

特にストレスで交感神経が緊張している状態が続くと
腸内の悪玉菌が増える大きな要因になります。



ストレス社会では善玉菌の乳酸菌(*自分の腸の乳酸菌)
育てることが大切です。



カテゴリー:免疫
エントリー:自律神経(交感神経と副交感神経)
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ