効能:カテゴリの記事一覧です。

セロトニンと腸と脳と腸内細菌


セロトニンという言葉は最近になって耳にしたり
本や雑誌などで読んだりしている人も多いと思います。

特に最近は腸や腸内細菌が人間が健康で生きて行く上で
大切であるという事が分かってきているためセロトニンも
同時に認識されているのではないでしょうか。


セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれている脳内の神経伝達物質で
正常に分泌されていると私達は元気に前向きな気持ちで暮らせ
明るい朗らかな状態でいられるのです。


セロトニンは脳の中にありますが、作っている「工場」は腸なのです。
95%は腸から出ていて脳は2%ぐらいとも言われています。



kaiwa4M.gif




セロトニンは交感神経を興奮させる神経伝達物質のアドレナリンや
ノルアドレナリンなどの暴走を緩和させ精神を安定させるという作用が
よく知られていると思います。

脳内の神経伝達物質の1つであるセロトニンがしっかり分泌されていると
精神的な落ち着きや心地よさ、満足感などを感じることができるのです。

そのため不足してくると精神のバランスが崩れてしまうので
怒りっぽくイライラしやすくなったり、気持ちが落ちつかなかったり
落ち込みやすくなったり、暴力的になったりしてしまうのです。


nayamiM.gif


うつ病もそうです。

うつ病はセロトニン不足が大きな要因と言われていますが
ストレス社会の現代人にうつ病が多いのもセロトニンが大きく
影響しているのも理解できます。


トリプトファンというタンパク質からセロトニンは合成されますが
食物で摂っても腸内細菌の善玉菌が少なく腸内環境が悪い状態だと
セロトニンは増えません。



考えてみれば最初は生物に脳がなかったそうで地球上に生物が
誕生したと言われる約40億年前、最初に備わった器官は腸なのです


脳よりも先なのです。

腸は第2の脳と言われるように精神面にも大きく関係していることも納得できます。


腸の重要さ、その健康状態を左右する腸内細菌、
そして腸内細菌の善玉菌の代表でもある乳酸菌、
その自分の乳酸菌を増やす乳酸菌生産物質の存在など
腸は奥が深いのです。






カテゴリー:効能
エントリー:セロトニンと腸と脳と腸内細菌
乳酸菌生産物質と腸内細菌の話 トップへ